新しくなった本店の喫茶【2】

新しくなった本店の喫茶【2】

みなさまこんにちは。

オンラインスタッフみどぱです。

 

今回は『新しくなった本店の喫茶』紹介、第2弾!

 

まだまだあまり知られていない、本店の見どころを

ご紹介させていただきますね。

 

本店のアートな空間づくり

 

2021年1月、約20年ぶりに改装された本店のカフェ。

大正時代に建てられた元製茶工場の建物の内装を

以前の記事でご紹介いたしました。(▶︎第1弾はこちら

 

そんな本店のカフェには知る人ぞ知る見どころが。

 

みなさまを店内にご案内すると、一際目を惹く壁一面のアート。

 

こちらは、茶畑をイメージした左官(さかん)による約横10m×縦1.8mのアート作品。

 

3色の緑色で抑揚をつけて塗り分けることで奥行きを出し、照明で陰影をつけています。

 

席に着くと、店内の雰囲気に溶け込む

テーブルと、エルボーチェア。

 

こちらは、北欧生まれの椅子で、京都の製茶工場のモダンな雰囲気にしっとりと馴染んでいます。

 

 

テーブルは漆や柿渋を使い、和洋折衷の雰囲気に。

漆は英語でJAPANとも呼ばれ、柿渋は昔から製茶で使われ続ける素材。

日本×茶の融合をテーブルで表現してあります。

 

 

ノスタルジックでどこか懐かしく、非日常を感じさせる店内。

 

宇治にお越しいただいた際はぜひ、隅々までご覧になってみてくださいね😊🍵

 

(※現在カフェのテーブルには、感染対策の仕切りを立てさせていただいております。)

ブログに戻る